スケボーをはじめてみよう!クールでカッコいいスケボーを思う存分楽しむためのスケボー豆知識をご紹介!

当サイトはスケートボードをはじめてみたいと考えている人向けに、クールでカッコいいスケボーを思う存分楽しむためのスケートボードに関する豆知識をご紹介しています。
幅広い知識を仕入れておくと、よりスケートボーディングを楽しめる可能性があります。
夏にスケートボードに乗る時は、水分補給が欠かせない場合があるでしょう。
屋外で練習をして過ごす際には熱中症対策が必要です。
またスケートボードには様々なスタイルが存在しています。

スケボーをはじめてみよう!クールでカッコいいスケボーを思う存分楽しむためのスケボー豆知識をご紹介!

これからスケボーを始めるので豆知識を知っておきたいという人もいるのではないでしょうか。
スケボーはアメリカの西海岸で誕生したといわれています。
また初めてのスケボーは1040年代に登場しました。
世界中に広がったのは1980年代にはいってからのことです。
オリンピックのスケボー競技には街なかのような構造物のあるストリートと、複雑な地形のコースがあるパークの2種類があります。
どちらの場合も持ち時間は45秒となっています。

スケボーのプロにはスポンサーがたくさんついている

スケボーをこれから始めて、プロになりたいと考えている方がいるかと思われます。
数年前までは稼げないスポーツであることが世間の認識でしたが、東京オリンピックで男子金メダリストの堀米雄斗選手の活躍で考えが変わったはずです。
20社ものスポンサーを獲得して、アメリカに家を購入して活動しています。
アメリカで家を購入するには、少なくとも数億円は必要です。
スポンサーを獲得するためにはメジャーな大会で優勝するなど実績がないといけません。
他の人より少し上手いくらいでは厳しいです。
スケボーでプロになりたいのであれば、小学生の頃からコツコツ練習を積み重ねることが重要です。
失敗することが当たり前のスポーツなので転んで怪我をするかもしれませんが、諦めずに取り組むことが求められます。
成功すれば年収数億円の堀米選手のように夢のある生活ができるので、チャレンジしてみる価値があります。
すぐに諦めてしまう人は続かない可能性が高いです。

スケボーは40代からでも上手くなる

スケボーはスケートボードを使用して移動手段として活用したり、いろいろな技を披露して友達などに自慢するような楽しみ方があります。
スケボーはシンプルな使い方であれば、そこまで難しいテクニックなどは必要ありませんから、40代からでも楽しむようなことが可能です。
40代は若干若者からは高齢者に近づいている年代になりますし、30代のときよりも病気などを気にしないといけない年齢になってきます。
スケボーはそこまで体力を使うような特徴もありませんし、乗り方を覚えてしまえば逆に体力を温存できるような特徴もある筈です。
スケートボードの使い方かシンプルな内容になっていますし、上に乗ることができれば快適に移動をしていくことができます。
日本の場合は道路などでやると注意されるようなリスクがありますから、スケートパークなどで練習をしていくのが大切です。
スケボーの教室などもありますから、未経験から徐々にスキルを磨いていくようなことも難しくありません。

スケボーはストリート系のファッションと相性が良い

軽快な滑りで見る人までも魅了するのがスケボー、そんなスタイルにはストリート系のファッションと相性が良いのも特徴です。
常に時代をリードしてきた若者たちの間で、当たり前のようにナチュラルにストリートファッションは誕生をしました。
ファッション業界では日々新しいトレンドを追いかけ開拓し商品化していますが、こうした流れに囚われることがありません。
街中には若さと情熱を持った若者たちが集まり、そこから自然発生のように誕生をしたオシャレでありファッションだからです。
スケボーとの組み合わせもピカイチなのは、ファッションブランドの持つモードにどこか対抗しているようなところもあり、ラフでルーズな感じもイケているからかもしれません。
時代によって情報は異なるもの、映画や音楽の流れも違いますが、こうしたカルチャーの影響を色濃く受けています。
影響力があり発展を遂げてきたのも、若者に今尚愛されるファッションスタイルです。

スケボーは足回りパーツのお手入れが大切

スケボーのメンテナンスは足回りを重点的にする必要があります。
ウィールが気持ちよくまわり、バランスの取れた状態でなければスケーターの技術が発揮されません。
まずアクセルナットの調整です。
ウィールは、1つのウィールにつき1つがアクセルに取り付けられています。
ホイールの回転を妨げない範囲で締め付ける必要があります。
一般にホイールを左右に動かしてみると、ごくわずかな遊びが感じられるはずです。
時々ナットが当初の設定より締まったり緩んだりすることがありますが、その時は修正すればよいでしょう。
スケボーのベアリングの清掃と調整です。
自由に回転しないのであれば、綺麗にしなければなりません。
まずアクセルナットとホイールを取り外します。
ナットとホイールの両側にある2つの小型ワッシャーは脇に置いておきます。
ベアリングを傷つけずに、ホイールからそれらをこじ開けることになります。
スケーターは通常、露出した車軸を使ってこれを行いますが、これを遥かに容易にする道具があります。
ベアリングに問題があってクリーニングをする気になれない場合は、ベアリングを交換することが可能です。